保育士資格について

「保育士」とは、児童福祉法施行令に基づいて付与される資格で、児童福祉施設において、児童の保育に従事する専門職です。

学則に規定する卒業要件を充たした上で、次表1・次表2の教育科目及び単位を修得すれば資格を得ることができます。(児童福祉法施行令及び児童福祉法施行規則の規定による) 

 

表1. 必修科目

全科目を必ず履修してください。

表1(保育士資格 必修科目)

表2. 選択科目

次表の科目の中から、9単位以上を履修してください。

ただし、保育所実習Ⅱ又は施設実習Ⅱ、保育所実習指導Ⅱ又は施設実習指導Ⅱを必ず履修すること。

表2(保育士資格 選択科目)

 

保育士登録制度について

平成13年11月30日に児童福祉法の一部を改正する法律が公布され、平成15年11月29日から施行されました。この法律の施行により、保育士資格の法定化が図られたことになります。

現在、保育士として業務を行っている者や、今後保育士として業務を行おうと考えている者は、都道府県知事に登録する必要があり、都道府県知事から保育士証が交付されて、初めて保育士として名乗ることができます。従って、保育士として働くためには、業務に就く前までに登録しておく必要があります。

本学では、保育士資格取得見込みの学生に対して、2年次の後期に本学で一括して保育士の登録手続きを行います。