幼稚園教論二種免許状について

本学保育学科は、保育士養成と同時に、優れた幼稚園教諭を養成するために幼児の教育や保育について学ぶことをねらいとして開設された学科です。 したがって、幼児の教育に携わる教育職員として必要な専門性を身につけることを、学習の主要な目的としています。

免許状の取得について

教育職員免許法第5条第1及び施行規則第31条の2に基づいて免許状を取得するには次の基礎資格を取得し、さらに表の必要科目とその単位を修得しなければなりません。

基礎資格

「短期大学士の称号を有すること」が必要です。
※本学を卒業すると「短期大学士」の称号が得られます。

幼稚園教諭二種免許状表

 

幼稚園教諭免許状の申請について

免許状の授与権者は都道府県教育委員会です。本学では授与申請の事務を代行して山口県教育委員会に一括申請の形をとっています。したがって、2年次後期に『教育職員免許状一括申請説明会』を開いて申請方法について詳細に説明します。学生支援課の掲示板で日時を指定しますので必ず出席してください。無断で欠席した場合には、卒業後に個人で申請することになります。その場合は取得するまで幼稚園に就職することはできません。
なお、一括申請手続きをした者には、卒業時に山口県教育委員会より免許状が交付されます。

教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組に関すること。

 教員養成の柱となる教育実習に関しては、保育学科内に実習担当者会議を設置し、実習計画、指導内容・方法について適宜検討・見直しを実施している。実習評価は学科専任教員が全員で関わり、事前事後学習も含めた個々の学生の達成度を総合的に評価し個別指導を行っている。

 個別の教科目については授業アンケートを実施し、結果を担当教員にフィードバックすることで授業改善に活用している。

 教員は学外の研修等に参加することで幼児教育をめぐる動向の把握を図るとともに、全学FDを通して資質向上に努めている。

 

 卒業者の教員免許状の取得の状況(過去3年間)

                                                                    (人)

 

平成28年度

平成27年度

平成26年度

幼稚園教諭二種免許状

55

35

35

 

 

 卒業者の教員への就職の状況(過去3年間)

                                                                    (人)

 

平成28年度

平成27年度

平成26年度

幼稚園教諭二種免許状

16

6

1

 

平成29年度 教育情報の公表(教員組織、教員数等)

 

  • 教員組織

役職者

学長

相原 次男

副学長

城野 世津子

保育学科長

近藤 鉄浩

食物栄養学科長

平岡 幸子

附属図書館長

城野 世津子

学生支援センター長

村上 玲子

学生支援センター次長

櫻井 菜穂子

国際交流センター長

柊 軍

附属地域連携センター長

伊藤 一統

附属地域連携センター次長

白石 義孝

 

保育学科

学科長

教授

近藤 鉄浩

 

教授

伊藤 一統

 

教授

村上 玲子

 

准教授

弘中 陽子

 

准教授

原井 輝明

 

講師

久光 明美

 

講師

重村 美帆

 

講師

德永 良枝

 

助教

廿 麻乃

 

食物栄養学科

学科長

教授

平岡 幸子

 

教授

城野 世津子

 

教授

櫻井 菜穂子

 

准教授

三宅 統

 

講師

末吉 奈保美

 

講師

石丸 隆行

 

助教

山下 晋平

 

助教

門間 政亮

 

助教

永久 裕子

 

 

  • 専任教員の職階別年齢別男女別教員数 

年齢

職階

~29歳

30

~39歳

40歳

~49歳

50歳

~59歳

60歳

~69歳

70歳

合計

教授

 

 

 

 

2

 

 

 

 

4

 

 

2

4

准教授

 

 

 

 

1

1

1

 

 

 

 

 

2

1

講師

 

 

1

 

 

1

 

1

 

2

 

 

1

4

助教

1

1

1

1

 

 

 

 

 

 

 

 

2

2

合計

1

1

2

1

3

2

1

1

 

6

 

 

7

11

 

  • 専任教員と非常勤教員数の比率

 

教員数

比率(%)

専任教員数

18

32

非常勤教員数

38

68

 

*学長を含めない

*数値は2017年5月1日

教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画に関すること。

教員養成の目標

 保育学科は、社会人としての基本的態度と保育・幼児教育の専門知識・技術を身につけ、他者との協働を通して自らを活かし社会に貢献できる幼稚園教諭の育成を教員養成の目標としている。

 

 身につけるべき知識・技能としては、より具体的には以下の点が挙げられる。

  • ◎社会人としての基本的態度(一定レベルの教養がある。挨拶、礼儀、マナーをふまえ子どもや同級生だけでなく様々な年代の人と関われる)
  • ◎保育・幼児教育の専門知識・技術(今の社会の子どもと家族のニーズを理解し、保育者に必要とされる基本的知識・技術を有すること)
  • ◎他者との協働を通して自らを活かす(他者のことに関心を持って行動できる。他者と協力できる。他者と協働する中で自己の役割を見出して貢献できる。誰かから指示されるのをただ待つのではなく、何かすることはないかと自らアプローチしていける)

 

 

目標を達成するための計画

 

 社会性豊かな人間力を有し、教養を持ち、その上に保育者としての知識・技能を備えた幼稚園教諭を育成するために、アクティブ・ラーニングに基づく理論と実践の総合的な教育を行っている。

 

  1. 1.教育課程の編成
    • ●教育職員免許法施行規則に定める科目を中心にカリキュラムを編成し、子どもの成長や発達についての理解、幼稚園教諭に求められる専門的な知識・技術及び倫理の修得を図る。
    • ●初年次教育を重視し、1年次を中心に、豊かな人間性を養う礎となる、キャリア、健康スポーツ、外国語など幅広い分野にわたる教養教育科目を設ける。
    • ●最新の保育・幼児教育・子育て支援の動向に対応し、また幼稚園教諭に求められるスキルをより深化・拡充させるものとして社会福祉主事任用資格、認定ベビーシッター資格、児童厚生二級指導員資格、レクリエーション・インストラクター資格、公認障がい者スポーツ指導員資格の取得を可能とし、より広い視野と見識を育成する。
  2. 2.学修方法・学習課程
    • ●「総合演習Ⅰ~Ⅳ」は卒業必修科目として位置づけ、問題発見、論理的思考、課題解決の能力を育成する。
    • ●実習および実習の事前指導・事後指導を重視し、教育現場の役割・機能や子どもの現状、保育・幼児教育の展開方法を体験的に学ぶことで、幼稚園教諭としての実践力が身につくようにする。
  3. 3.学修成果の評価
    • ●成績評価にあたっては、シラバスに明示した各科目の到達目標、評価項目および評価基準にもとづき、各科目に適した評価方法を用いて公正かつ総合的に行う。

幼稚園教諭二種免許状について

本学保育学科は、保育士養成と同時に、優れた幼稚園教諭を養成するために、幼児の教育や保育について学ぶことをねらいとして開設された学科です。したがって、幼児の教育に携わる教育職員として必要な専門性を身につけることを、学習の主要な目的としています。

 

免許状の取得について

教育職員免許法第5条第1項及び施行規則第31条の2に基づいて免許状を取得するには基礎資格を取得し、さらに表の必要科目とその単位を修得しなければなりません。

 

  • 基礎資格とは

「短期大学士の称号を有すること」です。本学を卒業すると、「短期大学士」の称号は得られます。

 

幼稚園教諭二種免許状

※ ○印のついた科目は必修ですから、必ず履修してください。

 

 

免許法施行規則に定める科目区分

左記に対応する本学開設授業科目

 科目名

単位数

科目名

単位数

備考

第六六条の六に定める科目

教育職員免許法施行規則

日本国憲法

日本国憲法

 

体育

健康スポーツⅠ

健康スポーツⅡ

健康スポーツⅢ

1科目1単位以上選択必修

体育講義

 

外国語コミュニケーション

英語A

オーラル英語

2科目2単位以上選択必修

情報機器の操作

情報機器の操作

 

教科に関する科目

国語

算数

生活

音楽

図画工作

体育

子どもとことば

 

生活

音楽Ⅰ音楽Ⅱ

造形表現Ⅰ造形表現Ⅱ

小児体育Ⅰ小児体育Ⅱ

 

4単位以上

教職に関する科目

教職の意義等に関する科目

・教職の意義及び教員の役割

・教員の職務内容(研修、服務及び身分保障等を含む)

・進路選択に資する各種の機会の提供等

教育・保育職研究

 

教育の基礎理論に関する科目

・教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想

・教育に関する社会的、制度的または経営的事項

・幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程(障害のある幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程を含む)

教育原理

教育と保育の心理学Ⅰ

教育と保育の心理学Ⅱ

 

教育課程及び指導法に関する科目

・教育課程の意義及び編成の方法

・保育内容の指導法

 

 

 

 

 

・教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む)

12

教育・保育課程論

保育内容総論

保育内容(音楽表現)

保育内容(造形表現)

保育内容(健康)

保育内容(言葉)

保育内容(人間関係)

保育内容(環境)

教育の方法と技術

 

生徒指導、教育相談及び進路指導等に関する科目

・幼児理解の理論及び方法

・教育相談(カウンセリングに関する基礎的な知識を含む)の理論及び方法

臨床心理学演習Ⅰ

臨床心理学演習Ⅱ

 

教育実習

教育実習指導

教育実習

 

教職実践演習

保育・教職実践演習(幼稚園)

 

 

合計

39

合計

46単位以上必要

幼稚園教諭免許状の申請について

免許状の授与権者は、都道府県教育委員会です。本学では授与申請の事務を代行して山口県教育委員会に一括申請の形をとっています。したがって、2年次後期に『教育職員免許状一括申請説明会』を開いて申請方法について詳細に説明します。学生支援課の掲示板で日時を指定しますので必ず出席してください。無断で欠席した場合には、卒業後に個人で申請することになります。その場合は取得するまで幼稚園に就職することは出来ません。

なお、一括申請手続きをした者には、卒業時に山口県教育委員会より免許状が交付されます。

公的研究費の管理

公的研究費の管理・監査体制

 

本学では、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26218日改正)の趣旨を鑑み、公的研究費の管理・監査に関する規程を制定し、同規程に基づき、下記のとおり責任体制を明確化し、管理運営体制、マニュアル等の整備を図りました。

教職員が適正使用に関する意識の向上に努めるとともに、公的研究費の適正な管理・運営に努めます。

 

●責任体制

1.最高管理責任者:学長

    全体を統括し不正防止計画の進捗管理に努め、公的研究費の運営及び管理について最終的な責任を負う。  

2.統括管理責任者:大学・短期大学部の各副学長

    最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営及び管理について本学全体を統括する実質的な責任と権限を負う。

3.コンプライアンス推進責任者:【大学】各学部長【大学院】研究科長【短期大学部】各学科長

    統括管理責任者の指示のもと、公的研究費の運営及び管理について実質的な責任と権限を負う。

4.事務担当責任者:【大学】事務部長【短期大学部】事務長

    公的研究費の運営及び管理について、事務上の責任と権限を負う。

公的研究費の管理・監査体制について

宇部フロンティア大学・宇部フロンティア大学短期大学部公的研究費の管理・監査に関する規程

 

●不正防止計画の策定

公的研究費の不正発生要因の把握に努め、関係部門を連携・協力して不正防止計画を着実に実施します。

宇部フロンティア大学・宇部フロンティア大学短期大学部における公的研究費の不正防止計画

 

●研究活動における行動規範

研究者と研究に関わる者の遵守すべき研究活動における行動規範を制定しています。

宇部フロンティア大学・宇部フロンティア大学短期大学部の研究活動における行動規範

 

●モニタリングと内部監査の実施

公的研究費の適正使用のため、モニタリングと内部監査を実施しています。

 

●公的研究費での取引等における使用ルールについて

公的研究費での研究活動における取引等の使用ルールに関する相談窓口を設置しています。不正取引の場合は取引停止の対象となりますので、適正使用にご協力をお願いします。

大学担当   電話:0836-38-0500(大学総務課)

短大部担当  電話:0836-35-9511(短大部総務課)

 

●通報・相談窓口の設置

研究活動の不正等に関する学内外からの通報・相談窓口を設置しています。

電話:0836-38-0605(学校法人香川学園事務局総務課)

取得可能学位について

取得可能学位
保育学科 短期大学士(保育)
食物栄養学科 短期大学士(食物栄養)

食生活アドバイザー資格について

「食生活アドバイザー」とは、一般社団法人FLAネットワーク協会が認定する資格です。
同協会が実施する食生活アドバイザー検定試験に合格した者は、資格を得ることができます。

社会福祉主事任用資格について

 「社会福祉主事任用資格」とは、都道府県・市町村の設置する福祉事務所において、生活保護、児童福祉、母子・寡婦福祉、及び知的障害者・身体障害者福祉、老人福祉の援護、育成又は更生に関する事務を行う時に必要となる資格です。
  学則に規定する卒業要件を充たした上で、次の表の教育科目の中から3科目以上修得した者は、社会福祉主事任用資格を得ることができます。(社会福祉法の規定による)

 保育学科

厚生労働大臣の指定する

社会福祉に関する科目

本学開講科目
授業科目 必選 単位数

社会福祉概論

社会福祉 必修

児童福祉

児童家庭福祉 必修

保育理論

保育原理 必修

教育学

教育原理 選択

社会福祉援助技術論

相談援助 選択

 

食物栄養学科

厚生労働大臣の指定する

社会福祉に関する科目

本学開講科目
授業科目 必選 単位数

社会福祉概論

社会福祉論 必修

公衆衛生学

公衆衛生学 必修

栄養学

栄養学概論 必修

 

公認障がい者スポーツ指導者資格について

「公認障がい者スポーツ指導員資格(初級スポーツ指導員)」とは、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会が公認する資格です。

学則に規定する卒業要件を充たした上で、次表の同協会指定の研修基準カリキュラムの教育科目及び単位を修得した者は、公認障がい者スポーツ指導員(初級スポーツ指導員)の資格を得ることができます。

 

保育学科

協会基準カリキュラム 本学開講科目 単位数 時間数 開講年次
前期・後期
障がい者福祉施策と障がい者スポーツ 障がい者福祉 30時間 2年 前期
ボランティア論
障がい者スポーツの意義 と理念 体育講義 30時間 1年 前後期
安全管理
障がいの理解とスポーツ レクリエーション演習Ⅰ
レクリエーションⅡ


30時間
30時間
2年 前期
2年 後期
日本障がい者スポーツ協会資格認定制度
全国障がい者スポーツ大会の概要
障がいに応じたスポーツの工夫・実施
障がい者との交流 学外イベントに参加
・スペシャルオリンピックス日本・山口のキャンプに学生スタッフとして参加する。1年9月下旬 1泊2日
・障害者の祭典に学生スタッフとして参加する。1年11月

卒業の要件について

卒業するためには、本学に2年間以上在学し、その間に次表にしたがって単位を修得しなければなりません。ただし、これは卒業するための最低必要な単位数なので、この中から1単位でも不足すると卒業できなくなります
 それぞれの具体的な開講科目名、開講年次、開講時期については、入学時に配布した授業内容教育課程表を参照してください。

 <卒業要件の単位数>

 

教 養 教 育 科 目

専 門 教 育 科 目

合 計

必 修

選 択

必 修

選 択

 

 

 62単位

以上

 保育学科

 2単位

 

 13単位以上

(外国語科目2単位を含む)

 15単位

以上

 28単位

 

 19単位

以上

 47単位

以上

 食物栄養学科

 2単位

 

 11単位以上

(外国語科目2単位を含む)

 13単位

以上

 22単位

 

 27単位

以上

 49単位

以上

<教養教育科目>

 

保 育 学 科

食 物 栄 養 学 科

 外国語科目

 英語A、英語B、オーラル英語の中から、2単位以上を修得しなくてはなりません。

  教養教育科目(外国語以外)

教養教育科目の中から必修科目2単位、選択科目11単位以上を修得しなければなりません。

※幼稚園教諭二種免許状の取得希望者は「日本国憲法」「情報機器の操作」「体育講義」を必ず履修してください。

 

教養教育科目の中から必修科目2単位、選択科目9単位以上を修得しなければなりません。

 

<専門教育科目>

各学科で開講されている必修科目を修得するとともに、選択科目も履修して保育学科は合計47単位以上、食物栄養学科は合計49単位以上を修得しなければなりません。

各学科で開設されている専門教育科目の単位数は次表のとおりです。

学科名

必 修 科 目

選 択 科 目

保 育 学 科

28単位

82単位

食物栄養学科

22単位

52単位

※1単位でも不足すると卒業要件が充たされず、留年という最悪の事態になりますので、できるだけ単位数に余裕をもって多めに履修しておくことが大切です。

また、選択科目を選ぶときは、個人の学習目標や将来の進路・免許・資格要件などを十分考慮して科目を選ぶことも大切です。

平成29年度卒業者数・就職者数・進学者数

学科 卒業者数 就職者数 進学者数 学位授与数 
保育学科 48 47 0 48
食物栄養学科 31 30 0 31
79 77 0 79

(平成30年5月1日現在)

 

就職実績(平成27~29年度)

保育学科

保育園(所)
㈱アイグラン(あい保育園宮前 他)、愛児園湯田保育所、(社)あけぼの会、厚保保育園、おおとり保育園、小羽山保育園、鏡山保育園、勝山保育園、花音つばさ保育園、きんこう保育園、㈱グローバルキッズ、(社)けやき福祉会、向学社(U NURSERY新山口)、㈱Cozy Village(ぴかぴか保育園)、厚南保育園、琴崎保育園、㈱こどもの森、こもれび保育園、西福寺保育園、㈱サクセスアカデミー、さくら保育園、下関市立長府第二保育園、真珠保育園、須恵保育園、(社)誠和会、大学院幼児園、第二あそか保育園、玉祖保育園、たんぽぽ保育園、貞源寺保育園・貞源寺第二保育園、㈱テノ・コーポレーション、徳山中央保育園、波木保育園・第二波木保育園、㈱日本保育サービス、萩市見島保育園、長谷川キッズライフ㈱、花見あおぞら保育園、ぱんだ保育園、東割保育園、日の出学園保育所、藤山保育園、二葉保育園、別府つくし保育園、法泉寺保育園、丸尾原保育園、美祢市公立保育所、命信寺保育園、未来㈱、めぐみ保育園、焼野保育園、山口大学医学部附属病院内保育所、吉則保育園、るんびに保育園 他
幼稚園・こども園
宇部フロンティア大学付属幼稚園、阿知須幼稚園、宇部鴻城高等学校附属幼稚園、宇部さゆり幼稚園、小野田小百合幼稚園、小野田めぐみ幼稚園、恩田幼稚園、光華幼稚園、小松原幼稚園、下関市立川棚こども園、精華幼稚園、高千帆小百合幼稚園、多々良幼稚園、たちばな幼稚園、西宇部小百合幼稚園、野田学園幼稚園、原中央幼稚園、船木幼稚園、松崎幼稚園、右田幼稚園、明光幼稚園、湯田幼稚園、(学)るんびに学園 他
福祉施設
小野田陽光園、岸和田学園、中部少年学院、みつば園、吉敷愛児園 他
一般企業・その他
宇部市役所、㈱ストライプインターナショナル、なないろキッズ、日産レンタカー、(社)博愛会、フジイ歯科、文京台デンタルクリニック 他
編入学・進学
宇部フロンティア大学人間社会学部福祉心理学科 他

 

食物栄養学科

(有)宇部分析センター、コダマ健康食品㈱、山陽小野田市立須恵小学校、㈱ジー・テイスト、たかい歯科・矯正歯科クリニック、㈱CHAYAマクロビフーズ、日本郵便㈱、㈱平和医療器械、防衛省陸上自衛隊、㈱明防、山口宇部農業協同組合、山口県立宇部総合支援学校、山口市(給食関係)、山口日産自動車㈱ 他MCエフディフーズ㈱、㈱ジー・テイスト、松月堂製パン㈱、㈱豆子郎、日本果実工業㈱、林兼産業㈱ 他病院
阿知須共立病院、済生会山口総合病院、徳山中央病院、山口赤十字病院、山口大学医学部附属病院 他
福祉施設
ケアタウンフクシア紫苑、恵光苑、恵寿苑、恒和会、寿光園、清光園、白松苑、豊寿会、みどり園、むべの里、山口向陽会、ライフケア高砂 他
給食会社
栄食メディックス㈱、エームサービスジャパン㈱、NECライベックス、シダックス㈱、ジャパンフード㈱、㈱ナリコマエンタープライズ、西日本医療サービス㈱、日清医療食品㈱中国支店、㈱日米クック、㈱レナール 他
保育園(所)/幼稚園
大海保育園、勝山保育園、木の実保育園、慈光幼稚園、真珠保育園、聖母園、第二波木保育園、藤山保育園、法泉寺保育園、右田保育園、牟礼保育園、吉則保育園、和光保育園 他
食品調理・製造関係
㈱クックチャムプラスシー、㈱ジー・テイスト、松月堂製パン㈱、㈱豆子郎 他
一般企業・その他
コダマ健康食品㈱、㈱ジー・テイスト、㈱ジーユー、たかい歯科・矯正歯科クリニック、㈱ティエラコム、デルタ工業㈱、日本郵便㈱山口中央郵便局、のぐちどうぶつ病院、㈱明防、山口宇部農業協同組合、山口市社会福祉協議会、山口市(給食関係)、山口トヨタ自動車㈱、山口日産自動車㈱、㈱ワールドストアパートナーズ 他
編入学・進学
赤堀製菓専門学校、九州栄養福祉大学、くらしき作陽大学、東京未来大学、山口県立大学、YICビューティモード専門学校 他

 

レクリエーション・インストラクター資格について

「レクリエーション・インストラクター」とは、公益財団法人日本レクリエーション協会が公認する資格です。
日本レクリエーション協会の公認指導者資格認定規程による次表の教育科目及び単位を修得した者は、レクリエーション・インストラクターの資格を得ることができます。

保育学科

協会規定科目 本学開講科目 単位数 備考
レクリエーション理論 レクリエーション概論 2 必修
レクリエーション実技 レクリエーション演習Ⅰ 1
レクリエーション演習Ⅱ 1
現場実習 レクリエーション実習 1
教育実習 4 1科目以上
保育所実習Ⅰ、施設実習Ⅰ 4

保育学科では、学則に規定する卒業要件を充たした上で、幼稚園教諭二種免許状または保育士資格を取得しなければ、レクリエーション・インストラクターの資格が取得できません。

卒業に必要な教養教育科目の単位数

職階別教員数・年齢別教員数・専任教員数と非常勤教員数の比率

職階別教員数
  教授 准教授 講師 助教 助手
保育学科 3 2 3 1 0
食物栄養学科 3 0 2 2 1

(平成30年4月1日現在)

年齢別教員数
  20~29 30~39 40~49 50~59 60~
保育学科 0 1 3 3 2 9
食物栄養学科 2 2 0 0 4 8
2 3 3 3 6 17

専任教員のみ掲載しております。(平成30年4月1日現在)

専任教員数と非常勤教員数の比率
  専任教員数 非常勤教員数 比率
保育学科 9 21 1 : 2.3
食物栄養学科 8 13 1 : 1.6

児童厚生二級指導員資格について

「児童厚生二級指導員」とは、一般財団法人児童健全育成推進財団が認定する資格です。

学則に規定する卒業要件を充たした上で、保育士資格または幼稚園教諭二種免許のいずれかを取得し、同財団の指定する次表の教育科目及び単位を修得した者は、児童厚生二級指導員の資格を得ることができます。

 

保育学科

 児童厚生二級指導員資格表

成績通知票について

成績通知票は、学生支援課で作成し各学科の教務担当委員を経由して配付します。
評価の欄には秀、優、良、可、不可、未履修、認定、履修中のいずれかが表示されていますが、それぞれの意味は次の通りです。 

評    価

点    数

GP

合 格

100 ~ 90点

 89 ~ 80点

 79 ~ 70点

 69 ~ 60点

不合格

不 可

 59点以下   

未履修

受験しなかったか、受験資格がなかった場合

(履修を放棄した場合も含む)

なし

認 定

認 定

入学前または在学中に

他の学校で取得した単位を認定した場合

なし

 

履修中

通年の科目で履修中の場合

なし

※「成績通知票」の記載内容についての疑問がある場合は、すみやかに学生支援課に問い合わせてください。
※「成績通知票」は在学期間中保管し、卒業及び資格取得のための単位が充足できているか各自で確認してください。
※「GP」とは、Grade Point(グレード・ポイント)の略で、以下のGPA算出のために、授業ごとの成績評価(秀・優・良・可・不可)に対して「4・3・2・1・0」のポイントを付しており、そのポイントのことです。

 

 Grade Point Average(グレード・ポイント・アベレージ)について

・GPAとはGrade Point Average(グレード・ポイント・アベレージ)の略で、履修したGPA対象科目の成績の1単位あたりの評価の平均値です。この数値が高ければ、全体としてそれだけ優秀な成績を修めたことになります。言わば、GPAは自己の学修の程度を、取得した単位数=「量」ではなく、GPAという数値によって学修の「質」を評価する成績評価方法です。

 

・算出方法は以下の通りです。

   (GPA対象科目のGP×単位数)の総和
GPA=―――――――――――――――――――
  GPA対象科目の単位数の総和

 

※GPA対象科目には、不可となった科目は含まれますが、未履修及び認定科目は含めません。

※再履修した科目は、再履修後の成績で計算します。

 

・GPAは、1年次及び2年次の後期試験終了後に、それまでに成績が確定した科目を対象に通算GPAを算出し、学生への成績指導や奨学金選考の際の基準として使用しています。

 

・成績通知票や成績・単位修得証明書への記載はしていません。

 

・GPAは、学生の皆さんの主体的な学修を推進するためのものです。皆さんが、将来を見据えた学修計画を立て、それに基づいて一人ひとりが授業に積極的に参加し、継続して学力の向上に努めることを期待しています。授業中だけでなく、授業前・授業後にも十分に予習や復習をして、確かな知識・技能・学力を身につけるよう努めてください。

 

保育士資格について

「保育士」とは、児童福祉法施行令に基づいて付与される資格で、児童福祉施設において、児童の保育に従事する専門職です。

学則に規定する卒業要件を充たした上で、次表1・次表2の教育科目及び単位を修得すれば資格を得ることができます。(児童福祉法施行令及び児童福祉法施行規則の規定による) 

 

表1. 必修科目

全科目を必ず履修してください。

表1(保育士資格 必修科目)

表2. 選択科目

次表の科目の中から、9単位以上を履修してください。

ただし、保育所実習Ⅱ又は施設実習Ⅱ、保育所実習指導Ⅱ又は施設実習指導Ⅱを必ず履修すること。

表2(保育士資格 選択科目)

 

保育士登録制度について

平成13年11月30日に児童福祉法の一部を改正する法律が公布され、平成15年11月29日から施行されました。この法律の施行により、保育士資格の法定化が図られたことになります。

現在、保育士として業務を行っている者や、今後保育士として業務を行おうと考えている者は、都道府県知事に登録する必要があり、都道府県知事から保育士証が交付されて、初めて保育士として名乗ることができます。従って、保育士として働くためには、業務に就く前までに登録しておく必要があります。

本学では、保育士資格取得見込みの学生に対して、2年次の後期に本学で一括して保育士の登録手続きを行います。

保育学科の卒業認定基準

入学者数・入学者推移・収容定員・在学者数

 学科別入学者数(平成30年度)
学科 入学定員 入学者数
 保育学科  80 46
 食物栄養学科 50 42
 計 130 88
入学者推移
  平成28年度 平成29年度 平成30年度
 保育学科 53 59 46
 食物栄養学科 37 39 42

(各年5月1日現在)

 学科別在籍者数(男女別)      
学科 収容定員 在学者数 内社会人   定員
充足率 
 教員1人あ
たり学生数
男  女 
 保育学科  80(1年次)
 80(2年次)
46
 56
 2
 8
 44
 48
 0
 0
1
 5
   
 計 160 102 10 92  0 6 64%  11.3人 
 食物栄養学科  50(1年次)
  50(2年次)
42
 39
5
 4
 37
 35
 0
 0
2
 1
   
 計  100 81 9 72  0 3 81%  10.1人 
 総合計  260 183 19 164  1 9 70%  10.7人 

留学生数・海外派遣学生数はともに0人。

在学者総数 183

フードコーディネーター3級資格の履修方法について

「フードコーディネーター3級」とは、特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会が認定する資格です。

学則に規定する卒業要件を充たした上で、同協会が規定する次表の養成カリキュラムの単位を修得した者は、フードコーディネーター3級の資格を得ることができます。

 

食物栄養学科

 フードコーディネーター3級資格表

フードスペシャリスト資格の履修方法について

「フードスペシャリスト」とは、食に関する高度の知識及び技術を有する専門家として、公益社団法人日本フードスペシャリスト協会が認定する資格です。

学則に規定する卒業要件を充たした上で、同協会が規定する次表の養成カリキュラムに基づく本学開設科目の単位を修得し、フードスペシャリスト資格認定試験に合格した者は、資格を得ることができます。

 

食物栄養学科

フードスペシャリスト資格表

資格取得に係る履修科目

取得できる資格一覧

資格名をクリックすると、資格取得に係る履修科目が表示されます。

資格名 保育学科 食物栄養学科
保育士  
幼稚園教論二種免許  
社会福祉主事任用資格
栄養士  
レクリエーション・インストラクター  
認定ベビーシッター  
障がい者スポーツ指導者(初級指導員)  
児童厚生二級指導員資格  
フードコーディネーター3級  
フードスペシャリスト(受験資格)  
食生活アドバイザー(受験資格)  

栄養士免許について

「栄養士」とは、栄養士法に基づき付与される免許で、栄養の指導に従事することを業とする者をいいます。

学則に規定する卒業要件を充たした上で、次表の教育科目及び単位を修得すれば、栄養士の免許に必要な単位を得ることができます。(栄養士法、栄養士法施行令、栄養士法施行規則の規定による)

 栄養士免許表

栄養士免許の交付手続きについて

栄養士免許は都道府県知事から授与されます。栄養士免許取得に必要な単位を修得した者には、卒業時に卒業証明書及び栄養士養成課程履修証明書を交付します。それ以外の関係書類として申請書、戸籍抄本を各自で揃え、免許申請に係る所定の手続きを各自で行ってください。

食物栄養学科の卒業認定基準

食物栄養学科の卒業認定基準表

認定ベビーシッター資格について

「認定ベビーシッター」とは、公益社団法人全国保育サービス協会が公認する資格です。

学則に規定する卒業要件を充たした上で、保育士資格を取得し、同協会の指定研修基準カリキュラムによる次表の教育科目及び単位を修得した者は、認定ベビーシッターの資格を得ることができます。

 

保育学科

協会指定科目 本学開講科目 単位数
在宅保育 在宅保育 2

※在宅保育にかかる実習については、本学の保育実習で対応します。